大分県の転職情報

大分県の人口ですが、2010年度約19万人で、1985年度の125万人をピークに減少が続いています。

その理由は社会増減(転入者数ー転出者数)が-(マイナス)で、自然増減(出生者数ー死亡者数)が-(マイナス)だからです。

年齢層を見てみますと、0~14歳の年少者の数は、2010年度全体の13.1%いたのですが、2011年度は、0.7%の減少をしています。

生産者年齢(15~64歳)は2010年度60.3%いたのが、2011年度は0.6%の減少をしています。

65歳以上の老年者は26.6%いたのが、26.8%に増加しています。

全国平均と見比べてみましても、年少者の数はわずか少ないですが、生産者年齢の数は、はるかに少なく、老年者の数は多くなっています。

社会減が多いのは、18歳で高校を卒業したり、大学卒業後、他府県に出る人数が多いのですが、この県にとどまっても、幅広い転職情報を持った転職サイトがあり、そこに登録すると、自分の条件に合った仕事を探す事が出来ます。